個人情報保護委員会 主催

認定個人情報保護団体シンポジウム

~認定個人情報保護団体の意義と今後の可能性を考える~


日時/2019年36日(水)13:00開場/13:30開演/16:30終演予定
会場/全電通労働会館(東京都千代田区神田駿河台3丁目6)

・JR中央・総武線「御茶ノ水」駅 聖橋口出口 徒歩5分
・東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅 B3出口 徒歩5分
・東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅 A5出口 徒歩5分
・都営地下鉄新宿線「小川町」駅 A7出口 徒歩5分

※ご来場者の駐車場はございません。
公共機関をご利用ください。

  参加者募集


参加無料/定員先着400名

※申し込み受付は終了いたしました。



  イベント内容


本シンポジウムでは、「認定個人情報保護団体の意義と今後の可能性を考える」をテーマに、活動の最新動向やメリット、業界ごとの自主ルールの策定状況などについて、民間企業を含め広く一般の方々にご参加いただき、認定個人情報保護団体のこれからを考える機会となることを期待しています。





  プログラム


13:30 開会
13:30-13:35
主催者挨拶
 個人情報保護委員会 委員長 嶋田 実名子
13:35-13:55
基調講演「認定個人情報保護団体活動の最新動向と企業へのメッセージ」
 個人情報保護委員会事務局
13:55-14:20
特別講演「情報漏えいを取り巻く最新のサイバーセキュリティ動向」
 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター 理事 真鍋 敬士
14:20-14:30 休憩
14:30-15:20

第1部 パネルディスカッション「認定個人情報保護団体業務とメリットについて」

パネリスト

  • 内田 浩示
  • 全国銀行個人情報保護協議会(一般社団法人 全国銀行協会 業務部長)
  • 飯田 修平
  • 公益社団法人 全日本病院協会 常任理事
  • 万場 徹
  • 公益社団法人 日本通信販売協会 専務理事
  • 宮下 清
  • 一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会 常務理事

モデレーター

  • 個人情報保護委員会事務局 参事官

15:20-15:30 休憩
15:30-16:30

第2部 パネルディスカッション「自主ルールの策定と運用について」

パネリスト

  • 岸原 孝昌
  • 一般社団法人 モバイル・コンテンツ・フォーラム 専務理事
  • 坂下 哲也
  • 一般財団法人 日本情報経済社会推進協会 常務理事
  • 古谷 由紀子
  • 公益社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 監事
  • 野津 秀穂
  • 一般社団法人 日本IT団体連盟 情報銀行推進委員会 認定分科会事務局 シニアエキスパート

モデレーター

  • 個人情報保護委員会事務局 参事官

16:30 閉会







  問い合わせ先

認定個人情報保護団体シンポジウム事務局(株式会社ステージ)

TEL:03-3554-5163(受付時間:土日、祝日を除く10:00~17:00)